道場紹介

■無限塾について

■理念

■特徴

■合気道とは

無限塾について

無限塾の目的は合気道を通じで自らを高めていくことにあります。自らを高めていくことに限界はありません。しかし、限界を超えていく為には、まず自分自身を知ることが大切です。その為、合気道の稽古では「自分の姿勢(軸)を作り、相手といかに調和していくか」ということ求められます。 また、無限塾では結果よりも目標へのプロセス(過程)を大切にしています。「技がかかる」という結果も大切ですが、それ以上に「自分の姿勢を作る」そのプロセスそのものを大切にしながら稽古をしています。 それを体得するまでのプロセスは千差万別ですから、指導員が生徒に合った方法を見つけ出し、自分の姿勢(軸)を持って「無限の力」をあらゆる場面で発揮できるように指導しています。

理念

・「武道」とは「矛を納める道」の意であり、世界に調和をもたらす手段であること。

・合気道の「合」は「愛」であること。 無理な力を使わないこと。

・組み相手と調和、協力しながら1つの技を作ること。

・相手に痛い思いや、不快な思いをさせるような事は行わないこと。

・基本動作と基本技をベースに正しい姿勢及び中心線をつくること。

・合気の「気」を生み出す「中心力」を身につけること。

特徴

・国際交流の場となっています。

・丁寧な指導を心がけています。

・子供、女性の方も稽古されています

合気道とは

合気道とは1920年代に植芝盛平(1883−1969)によって創始された現代武道です。 日本の武道として世界的に愛好者が多く、特にその試合形式を持たないこと、組み相手との調和を重んじるという倫理性から「和の武道」、“Art of Peace”, または “Moving Zen”とも呼ばれています。 合気道は技の習得のみならず、その修行を通じて精神的な成長を目指す。 植芝盛平はその著書「武産合気」の中で「合気道とは敵を倒す道ではなく、世界を平和に導く道である」としています。 合気道は攻撃してきた相手の力を利用し、関節技、押さえ技等で相手のバランスを崩し攻撃をかわすという護身術です。稽古は「仕手」(技を行う者)、「受け」(技を受ける者)に分かれて稽古しながら「型」を身に付けていきます。合気道の原則は自然の理に沿った動きであり、その技は自然の力の流れに沿うように組み立てられています。つまり「押し返したり、引き返すなどの無理をしない」 ことであり、例えば相手が押してきた場合は、その力を利用して引き、また引かれた場合には反対に引き返そうとはせずに、その相手の力に沿って自分の力を加え技をかけます。 しかも相手の力や気の流れを敏感に察知しそれに合わせる必要があり、「そこには力の競い合いも、揉みあいもなく」 、これが合気道が「和の武道」と言われる所以です。 また、肉体的な力に頼る武道ではなく、老若男女を問わず稽古できることから、幅広い層の人たちに親しまれています。